JUMPING QUEEN & KING Blog

ふくすけ

高校野球:母校を応援!  [ ふくすけの日常 ]

2005/07/25

金曜日に、会社の近所の野球場にて、我が母校が甲子園予選が開催!ベスト8を賭け、第4シード校との戦い(今回は秋の地区予選でころっと負けやがったので、ノーシードとなっていたのだ)と言うことで、営業という仕事を最大限に活用し、真昼間に見に行っちゃいました。昼間の仕事中なので、さすがにビールは飲みませんでしたが、ミネラルウォーターを2本持ち、いざ、応援!

我が校は、いわゆる「古豪」であり、我が校の校歌が第二の国家と言われ、日本国民に人気だったのも今は昔、最近では「懐メロ」となってしまい、甲子園とはとんとご無沙汰である(以上、応援団の演芸ネタより抜粋)。

koukouyakyuu.JPGとなりに座った親父連中がいろいろ解説するのを盗み聞きしていると、なにやら相手のピッチャーはプロ注目の速球派ピッチャーを擁し、優勝候補の一角らしい。そしてプレイボール!いざ、応援!プロ野球と違い、一発勝負という緊張感、一度しかない青春の1ページ。一人で見ていても、当時の自分をダブらせ、感情移入しまくりで、一つ一つのプレーに一喜一憂し、感情むき出しで応援してしまう(ちなみに私は野球部ではありませんが!)。社会人になってからはなかなか味わえない、自分じゃどうにもならないという本気の緊張感を味わってきました。W杯予選より燃えたね。

koukou2.JPG

相手ピッチャーの不調があり楽勝かと思われたが、我が校は内野陣にエラー連発で、接線となるも、は8-6で見事勝利!やったぜ!甲子園へと一歩近づいた。で、本日もベスト4を賭けた試合で見事コールド勝ち!あと、2つで甲子園。がんばれ母校!

PS.我が校は最近共学になったため、応援団にチアガールが出現していた。男子校で硬派のイメージであった当時からすると、「なんじゃこりゃ!、こんなのウチじゃない!」と思ったのも最初だけで、今の高校生は顔が小っちゃくて、手足がなくてホントかわいい。いけない道への一歩を踏み出したかもしれないふくすけでした。

ジャンピング研究会

powered by smori.com
www.smori.com
admin@smori.com