JUMPING QUEEN & KING Blog

ふくすけ

夏の思い出:納涼船  [ ふくすけの日常 ]

2005/08/14

本日、思い出した。あれ?SMORIってリアルなTOKYOライフを紹介するやつだったよな?今まで、気にしたことないや!

って事で、TOKYO砂漠を紹介すべく、気の合う仲間と行ってまいりました、東京湾納涼船
竹芝桟橋を7時15分に出発、2時間弱の東京湾クルージングを楽しめるこの企画。飲み放題で2500円!浴衣を着ていくとさらに1000円OFF(男女問わず)!これぞTOKYOライフと言わずして何と言う!

nouryou1.JPG
喜び勇んで、浜松町駅より、徒歩10分弱。すげー行列ができている!こんなに人が入る船なのか?といやな予感が先行。で、乗船。外観はこんな感じ。キレイに写ってますね~。しかし、注意!遊覧船ではなく、通常の運行線を活用してやっております(事実、帰港後、10時より大島行きの船へと変化した)。中に入ると、あれ?デッキせま!通路せま!座る場所ねぇ!って事で、いやいや、狭い。いやな予感的中。みんなデッキで立って飲んでて、芋荒い状態。写真をよーく見ると外壁に「ポケモン」が描かれていることに気づくだろう。ロマンチック感なし!!ネットで他のブログとか見てみると、良い事いっぱい書いてあるので、期待していったんですが・・・ロマンチック感を求めて言ったのですが・・・

nouryou2.JPGとは言いつつも、さすがに夜景はキレイ。出航して、レインボーブリッジ下を経過するあたりがクライマックス(出航して、10分後位)!背後にお台場が見え、景色はロマンチック、が!フロアはやっぱし芋洗い。「二人の夜景ね、チュ!」なんてことには絶対にない。足元をクソガキが走り回るため。
ですので、ここはカップルで行くより、気の合う仲間と行くべきである。その中に、気になる女性を仕込んでおき。二人の仲を急接近させる手段としては、有効である。闇と人ごみにまぎれていつの間にやら二人っきり、「あれ?みんなどこ行ったんだろうね?」なんて、お誂え向きの展開が期待できる。私の友人、二人で消えてました。喫煙コーナーで手握ってやがりました。

なお、浴衣割引のおかげで、浴衣ギャルわんさか。浴衣5割増の法則(当社比)のため、女性に目が行く、目が行く。友人曰く、「ここ、有数のナンパスポットらしいよ」との事。なるほど、女性同士の乗客がかなり目立つ。例の如く、女性同士の微妙な牽制か女性グループの場合浴衣率高し。これは行くでしょ!と思ったが、当方軍団女性連れのため、静観。名誉のために言っておきますが、我が軍団も浴衣着用により、5割増でしたよ。キャワイかったっすね。

ある意味お勧め的な微妙~なイベントでした。「シンフォニー」とかのリアル遊覧船の方が、女性受けはいいと思われるので、ちょっと高いが、二人っきりの場合はそちらを選ぶべし。

ジャンピング研究会

powered by smori.com
www.smori.com
admin@smori.com