JUMPING QUEEN & KING Blog

ふくすけ

飲み会月間終了。  [ ふくすけの日常 ]

2006/04/22

昨日、金曜日のバトルを持ちまして、私の飲み会(下世話に言うと「合コン」、上品に言うと「宴:うたげ」、やましい時は「お食事会」)月間終了です。

結果、1月~4月で12回の飲み会(内主催2回)に参加してました。
ほぼ週一ペースですね。一回1万使ったとして、12万は投資している計算。オレは12万円分の成長はできたのだろうか?
ちなみに友人(通称ゴリ)は1~3月で22回の飲み会に参加してたので、オレなぞマダマダ若輩者。ゴリはカードで支払いをし、現金で回収という完全な自転車操業。世にも珍しい「飲み会ビンボー」です(なお、オレに飲み会を頼むと、もれなくこの男がついてきます)。

で、結果はと言いますと・・・何もなし!
以下、言い訳。
1月~2月中旬は「ふくすけ純愛道」でお馴染みの純愛中(今見たら、結果報告とかしてませんね。敗れ去ったので、報告は勘弁してください)であり、2月中旬から3月一杯は傷心期間中(イカツイ顔と裏腹に、アチキ、以外とナイーブなのです)であったので、飲み会後のアフター活動はやる気が起きず、実質は4月の3回のみが実戦タ~イム(内1回は自分が主催。自分が主催の時は何余程の事がない限り何もしません)。でも、4月の飲み会はひどかったので。

この12回を思い返すと、「魅力的だな~」と思う女性(私が幹事の際の女性幹事は除く)は、6名。2回に1回はいい人がいる模様。なかなかいい確率ではなかろうか?
逆に会った瞬間「やべぇ!逃げろ!」ってな場面は、3回。4回に1回はある。これは多すぎだろ!これらはいずれも同一主催者の開催である。コヤツの飲み会の場合は、コイツが相手主催者に惚れられており、しかし二人で会いたくないので飲み会にするというパターンが多い。結果、世に言う「飲み会における女性幹事最強説」となり、誰もが傷つくことになるのである。つーか、テメーがデートすらしたくないような相手と飲み会すんなっつーの。類は友を呼ぶです。ちなみにこの友人はイケメンです(このブログでたまに出てくるイケメンSEとは別人)。

さて、ここで来て女性陣からは「テメー何様だコノヤロウ」と言うお声も聞こえてくる模様。
飲み会にカワイイ子がいないと、無口になったり、態度が悪くなるヤツもいますが、言っておきますが、私はどんな飲み会でも全力投球です!ゴリも全力投球です!
我々二人は先輩に「俺達は顔が良い訳でもなんでもないのだから、相手の容姿で態度を変えられる程偉くないんだ。それに、女性も俺達をハズレだと思っているかも知れないだろ?そんなの口惜しいだろ?だから、とにかく場を盛り上げ、楽しい思いをさせろ。そして相手にまた会いたいと思わせるんだ。時間と金を無駄にするな!それ位価値のある人間になれ!」というありがたい言葉を頂いております。

まさしく、その通り。飲み会も立派な人生の成長の場なのです、プライドを賭けた闘いの場なのです。決して下心の塊で行っている訳ではないのである。
私はこの言葉に感銘を受け、実戦し、結果として飲み会あったら「とりあえずフクスケを呼んでおけば間違いねーだろ」という美味しいポジショニングを確立するに至りました(ちなみにゴリが飲み会に参加すると、翌日女性陣が笑いすぎで腹筋筋肉痛になると評判です)。

この先輩一方で、「合コンではその日に結果を出さなきゃ意味が無い」、「合コンの代金には女の子の電話番号代も含まれている」という迷言も残している。

今日からはもう、一件の飲み会の予定が入っておりません!飲み会ご希望の方はプロフィールと一緒に私までご一報を!

ジャンピング研究会

powered by smori.com
www.smori.com
admin@smori.com