JUMPING QUEEN & KING Blog

ふくすけ

全国高校駅伝出場~OBとして偉そうにしてきた~  [ ふくすけの日常 ]

2006/11/05

11月3日の全国高校駅伝東京予選で、無事母校が1位となり全国出場決めました!おめでとう!
前述の通り、会社のレガッタ大会を顔出しだけし、川を渡って応援に駆けつけた。

%E9%A7%85%E4%BC%9D002.jpg


大会前から圧勝の呼び声高く、同級生の京都在住の元長距離ブロック長が「どうせ京都くるから見に行かねーよ」の捨て台詞を残し、普通駅伝なんかには応援に来ない応援団まで応援に来る(応援団旗を持つだけだが)異様な圧勝ムード。

しかし始まってみれば、全7区間あるレースで、1区からじわじわ差を広げられ、3人いるエース選手の内2人が走った3区までで先頭と1分以上を離される苦しい展開。しかし、4区の最後のエース選手が区間新記録の激走を見せ、3位から一気の大逆転に成功し、さらに20秒の差をつけた。しかも1位を抜くのが、大会本部前の一番客が多い地点。坊主頭だがなんとも絵になるヤツだ。こういうスター性が我が母校の生徒(オレを含む)にはあるところが素晴らしい。そしてここからは怒涛の4連続区間賞で無事優勝!

今回のコースは河川敷を何度も往復するだけなので、同じ場所にいるだけで何度もレースが見れたので、現地で見るほうとしては楽に面白かった。1人1人の結果が積み重なり、全体に影響を及ぼす駅伝ってのは、やはり見ていてドキドキして面白い。さらに母校が優勝するともっと面白い。

%E9%A7%85%E4%BC%9D001.jpg
今回は本物OBとして、選手の集合場所に行き、応援団の旗を託されるなど、しっかり偉そうにしてきました。先生に聞くと、1区の選手は調子を落としており、他にもケガの選手、さらに盲腸の選手もいたりとチーム状態としては相当悪かったみたいです。始まる前は先生、結構弱気だった。それでもキッチリ結果をだし、タイムも去年の優勝タイムを上回った。今年のチームは相当良さそうだ。
強さの秘訣を先生に聞くと、「勝手に強くなった」との事。そうなんだよね、ウチの学校って指導者いないんだわ。そのときの選手次第で勝手に強くなったりするんだよね。これも伝統の一部だな。
全国の強豪はホントにヤバイので流石に優勝とは口が裂けても言えないが、入賞は狙えるかもしれない。がんばれ!全国高校駅伝は12月24日のクリスマスイブ。さすがに年頃の僕は見にいけませんが。

ジャンピング研究会

powered by smori.com
www.smori.com
admin@smori.com