JUMPING QUEEN & KING Blog

ふくすけ

1日目:9月1日(金)出発のバラード  [ 中東旅行 ]

2007/01/26

忘れた頃にやってくる、フクスケからのお年玉。今日から始まる巨弾連載!
忘れてたわけじゃないんですよ、まとまった時間がなく、頭がついていかなかったのです。
でわはじまり~

という訳で、2006年度の夏休みの旅行はシリア・ヨルダンを目的とした中東エリア。
なぜ、中東になったのか?それには深いわけがある。
遺跡が見たいから、以上。
それで納得する人がいるわけはなく、去年ペルーに行き、その移動時間に閉口、今年は近場(アジア圏内)に行こうと思っていた。加えて遺跡があり、体力で金をカバーできるところという観点で探す。これぞ1人身青春真只中(もうすぐ30)の醍醐味(ペルーもツアーだと30万くらいかかるが、フリーで行くと10万くらいで行けてしまう)。
で、地球の歩き方や世界遺産の本を見て、中東、遺跡あっていいじゃん!年取ってからじゃハードそうじゃん!物価安そうじゃん!近そうじゃん!
と、決定。

中東っていうと危険なイメージがあるが、色々調べるとそれは大きな誤解であることが判明。確かに危険である、「テロ」と「戦争」という面においては。パレスチナ問題もあるし、イスラム教の問題も、イラク情勢もある。こういう面においては、確かの諸外国と比して危険であろう。しかし、この政治情勢のため、軍隊が発展し、逆に街中の治安はすこぶる良いのである。ヨーロッパでさえ、夜の外出は控えましょうと促されるのに、このエリアにおいては(国によって異なると思うが)、夜の外出も比較的安全であるとされる。盗難の危険性も少ない。国際情勢さえ押さえておけば、危険は少ないのである。
という訳で、中東へGO!

ここに大きな勘違いが潜んでいた…
中東が近い?これ勘違い!!確かに地図で見ると近い。ヨーロッパより近い。インドのちょっと先だ。なんか10時間くらいで行けそうじゃん。が、みんな騙されるな!中東は南米並みに遠いぞ!
なぜか?中東へ行くルートは大きく3つ。
①タイとかシンガポール経由中東行き
②中東諸国で乗り継ぎ(エミレーツ航空、カタール航空、イラン航空等)
③ヨーロッパで乗り継ぎ(フランス、オランダ経由)

①が一番安いらしいが、俺はチケット発見できずに断念。③はチケットが高いため(1.5~2倍の値段)却下。
で、②が一番現実的なチケットで、メジャーなところになるのだが、ここに大きな穴が潜んでいる…
②の航空会社はどれも関空発なんですね~なので、いきなり大きなタイムロスを被る。中東エリアでの乗り換えを考えると、飛行機のクセに乗り換えが2回もある。しかし、利点もある。関空までは羽田発の飛行機で行くため空港が近い。そして、夜発なので、昼働いて、夜出発というバブル期のOLも真っ青の休み満喫lプランが組めるのであ~る。

IMG_0141.jpg最終的にオレ20時55分羽田発の関空、ドーハ経由のカタール航空でシリアのダマスカスまで行くことにした。本当はエミレーツ航空が良かったが、人気エアラインのためチケット取れず。近年、ドバイはリゾート地として人気があるため、チケットは少し(1万円程度)高いがこちらの方が早く売り切れる状態である。ちなみにエミレーツ航空は世界で顧客満足度No.1の会社らしい。そのサービスを味わってみたかった(コンチネンタルのマイルが貯まるというメリットもあった)。では、カタール航空がどうか、っていうと、乗る前は不安であったが、いや全然いいですよ。シートは広いし、座席に一つづつ画面がついてるし、ビデオはオンデマンドで見れるし、今まで乗った航空機で一番良かった。ただ、マイルの提携はすこぶる悪く、オレには無意味だった。

そして、2つめの問題が。この時期、計ったかのようにイスラエル軍がレバノンに侵攻し、「おいおい、シリアとヨルダン大丈夫か?」って状態であった。が、結局、戦線は拡大せず、出発2週間前位に戦争も終結。現地情報を集めても、特に戦争の影響は無いみたいなので、得意の「まー、オレなら大丈夫だろ」という意味不明な自信がムクムクと沸き上がり、躊躇無く出発。前述の通り、会社帰りにそのまま出発というスタイルを敢行。ばれないように会社にバックパックと麦藁帽子も持っていくが、隠し通せる訳も無く、ただでさえ会社で変人扱いされているのに、さらにダメ押しをする事になってしまった。オレは合理性を追求しているだけなのにねぇ。

羽田で荷物をあずけ、無事出発。荷物は羽田で預けただけで、シリアまで持っていってくれるらしい。ホントか?と怪しんだが、結果的にはちゃんと着いてた。出国手続きも羽田で行い、いざサマーバケーションへ!ちなみに関空まではANAとの共同運航便でした。
そして、関空jに到着。1時間位の時間潰しで、23時55分についにカタール航空に乗り込み出発!
さあ、ここからオレの想像を遥かに上回るバトルな日々が幕を上げる!

yoshi%40haneda.jpg

Comments

2007/01/28

おもしろすぎ!はやくつづき読みたい~。 この写真芸能人の誰かに似てる・・・. by あきよ

2007/01/29

誰でしょう?ジャニーズ系と見た! ちなみに題名の「出発のバラード」は敬愛する松本零士先生の「銀河鉄道999」の第1話のタイトル。. by フクスケ

ジャンピング研究会

powered by smori.com
www.smori.com
admin@smori.com